私の父は昔から(私の知る限りでは30年以上)盆栽を育てています。
その中で、年が明けて一番に咲く花は、甲州野梅です。
甲州野梅は、富士川沿いに自生している山梨の梅です。
毎年、私の父は、お正月用にと一生懸命に手入れをして、玄関先に飾っています。
今年は、12月があまり寒くなかったせいか、室内に入れなかったにも
関わらず、正月頃から咲き出し、現在は満開になりました。


しかし、甲州野梅というのは、種から芽を出して、おおよそ20年以上
育たないと花を付けないそうです。
花を楽しむには気の遠くなる歳月がかかるんですね
強い香りも特徴で、横を通る度に梅の香りが漂ってきます。


盆栽に詳しくない凡才の私には、その希少価値が分かりませんが、
父の喜び方からすると本当に珍しいのでしょうね。
もうまもなく、山梨にも梅の花の季節がやってきます。
甲府の不老園の梅も見事に咲きます。
是非一度足を運んでみてください。