宮古島の北方約5km~15kmの海域に位置する

周囲25km、大小100以上の干礁からなる日本最大級のサンゴ礁群です。

「やえびし」、「やびじ」などと呼ばれています。

旧暦の3月3日、新暦の4月18日が一番の大潮ということで

昨年より計画をして行ってきました。

知人が漁船をチャーターしてくれて、池間港より出港して八重干瀬に向かいました。

途中で釣りを楽しみながら(結構入れ食い状態でグルクン、カサゴ等)

大潮を待ち、小舟に乗り換え島に上陸、すると島の人達はたちまちシャコ貝を発見、

サザエも合わせて大量です。

素人の私は足元にサザエがあっても気が付かない有様で、小さな貝をとるのが

精一杯でした。しかし何故か楽しく時間の過ぎるのを忘れて歩き回りました。

サンゴの上を歩くので大変疲れました。

夕食はシャコ貝の刺身やサザエのつぼ焼き、グルクンのフライなど、

船長宅でご馳走になり大満足、1年がかりの挑戦でしたが

貴重な経験をさせてもらいました。宮古島の関係者の皆様に感謝、感謝です。 (Y)