8月10日(木)最終日の公演に行って来ました。

28回目となる今年は特別な思いを持って出かけました。

 

昨年、萌木の村の看板レストラン「ロック」が火災で焼失、

たったの1年で奇跡の復活を遂げた姿を見る事と

「ニーナ・アナニアシヴィリ」さんです。

 

「ロック」も見事に昔の雰囲気を残し再建されておりました。

名物のカレーの味も変わりませんでした。

また、ニーナさんのスペシャルガラ「瀕死の白鳥」は感動ものでした。

この清里の地にすばらしい文化を地域の人々と共生で根付かせ

今や世界中に発信もしている「清里フィールドバレエ」に

ブラボー!!と叫びたい。(Y)